認定を受けるため

後遺症は、後遺障害として認定されていくことによって、扱いが大きく変わることになるでしょう。慰謝料請求するためにも、認定を受けることが必須となっていきます。認定を受けるためには、事故との関連性を示すとともに、医師の所見なども必要になってくるため、準備をしていかなければいけません。

相談人身事故でなければいけないのは、自賠法に定められているからであり、そのためには警察に届け出をしなければいけません。物損事故として処理されている場合には、人身事故に切り替えておく必要があります。そのためには医師の診断書が必要ですが、そこまで難しいことではありません。

治療中には、その証拠もなければいけなくなりますので、治療過程を出してもらう必要が出てきます。治療を受けても症状が改善せず、症状固定となってしまった事実が重要で、常に医師や接骨院といったところで診察を受けている状態を証明することが重要です。こうした過程を経ていかなければならないため、短期間では結果が出ません。相手の保険会社から治療費の打ち切りに関して通達があるかもしれませんが、あとから後悔の元となるため、容易に答えるのではなく弁護士に相談しながら進める必要があるでしょう。

〈参考リンク〉後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所