加害者と被害者の請求

怪我交通事故にあってしまい、怪我を負ってしまったときに、症状固定となり、後遺障害の認定を受けるための方法は2つ存在します1つは加害者側の任意保険を使います。これを窓口として、被害者の怪我に関して後遺障害であると認定をしていく方法です。事前認定になりますが、加害者請求と呼んでいる方法になります。自分に代わって相手の保険会社が申請を進めていくため、面倒なことはありません。ですが、加害者の側であって被害者の自分の立場ではない相手の保険会社が申請をすることになります。これが、納得のいく結果につながるのかといえば、異なる場合もあるでしょう。保険会社としては、早めに等級を申請してしまっておさめてしまうといったことも起きるからです。

被害者が請求するかたちの場合、すべての書類を作り直接請求していきます。簡単なことではありませんが、弁護士に依頼すればスムーズにいくでしょう。代理人として活動してくれるからですが、これによって加害者側の保険会社にも請求することになるため安心して治療に専念できるでしょう。これまで後遺障害認定をしてきた弁護士であれば、ほとんど心配はいりません。タイミング的にも適した所を狙っていきますので、安心できるでしょう。

早期から依頼を